本日限定!Amazonタイムセール祭り

【KX850CT MX MECHANICAL MINIレビュー】打鍵感最高、機能盛り盛りの最高のキーボード ただしMacBook利用者は要注意

こんにちは!みつです。

とうとう来ました!MX KEYS miniMX Master 3など大人気のMXシリーズから初となるメカニカルキーボードが発売されました。

今までのメカニカルキーボードにないキー高さが少し低めのロープロファイルキーで、音も静かめなのでメカニカルキーボードが苦手という方にもおすすめできるキーボードになっています。

まずはざくっとおすすめポイントを紹介致します。

KX850CT MX MECHANICAL MINIおすすめポイント
  • 赤軸・茶軸・青軸から選べるキースイッチ
  • MXシリーズならではの心地よい打鍵感
  • 接続先に3台登録できボタン1つで自由に切り替え
  • 角度調整ができる折りたたみスタンドあり
  • 心地の良い打鍵音
  • 専用ソフトLogi Optionsでキー配置などカスタマイズが可能
  • Mac/Windowsのキー配列に対応

テンキーレス

テンキーあり

 

KX850CT MX MECHANICAL MINIの概要

KX850CT MX MECHANICAL MINIはロジクールから発売のMXシリーズ初のメカニカルキーボードです。

同シリーズでテンキーがついたKX850CT MX MECHANICALもありますが、今回はテンキーレスモデルのKX850CT MX MECHANICAL MINIをレビューしております。

KX850CT MX MECHANICAL MINIの特徴

  • 独自のロープロファイルを採用し静かな打鍵感
  • 赤軸・茶軸・青軸の3つのスイッチから選択可能
  • 3.2mmの短いストロークで指の負荷を軽減
  • 近接センサー付きのバックライト機能装備
  • 最大3台のデバイスをEasy-Switchで即座に切り替え
  • Windows、MacBook、iPadなど様々なデバイスに対応

製品仕様は以下の通りです。

項目 KX850CT MX MECHANICAL MINI
製品イメージ
サイズ 13.2cm × 31.3cm × 2.6cm
重さ 612g
カラー グラファイト
電池 1リチウムポリマー電池(付属)
充電タイプ USB-C
オプションソフトウェア Logi Options+ および Logicool Flow
製品保証 2年間無償保証

↑↑目次に戻る

 

KX850CT MX MECHANICAL MINIの開封および同梱物

KX850CT MX MECHANICAL MINIを開封します。MXシリーズの定番の色使いのパッケージになってます。

背面にはMX MECHANICAL MINI特徴が記載されています。

パッケージを開けると、接続方法(Bluetoothまたはlogi bolt)とEASY-SWITCH(3台のデバイス切替方法)の記載が記載されております。

開封すると同梱物は以下のとおりです。

KX850CT MX MECHANICAL MINIの同梱物
  • キーボード本体
  • Logi Bolt USBレシーバー
  • USB-C充電ケーブル
  • 製品保証書
  • マニュアル

↑↑目次に戻る

 

KX850CT MX MECHANICAL MINIを使ってみての感想

MXシリーズならではの心地よい打鍵感

キーボードで最も重要な打鍵感についての感想です。

MX KEYS miniのパンタグラフ式のキーボードも心地よい打鍵感でしたが、MX MECHANICAL MINIのメカニカル特有のクリック音や打鍵感はとても心地いいです。

軽快なクリック音と打鍵感の良さでキー入力がサクサクと進みます。

私は茶軸タイプを選択しましたが、一般的なメカニカルキーボードに比べとても音が小さいので、職場などでもまぁ使えるかなというレベルです。

↑↑目次に戻る

 

赤軸・茶軸・青軸から選べるキースイッチ

KX850CT MX MECHANICAL MINIの特徴でもありますが、赤軸・茶軸・青軸からキースイッチを選ぶ事ができます。

私は実際に触っての検討の結果、茶軸タイプを選択しました。

えっ?どうやって触ったのと思われるかもしれませんが、発売前にビックカメラなどに展示品が置かれており実際に触ってみました。

正直、人によって感じ方はマチマチですしあくまでご参考まで

  • 赤軸・・・タッチ感が柔らか過ぎて…私には合わず
  • 茶軸・・・タッチ感はかなりいい、音はまぁまぁ
  • 青軸・・・タッチ感や押し心地はかなりいいです。ただちょっと音が気になる

実際の所、茶軸と青軸でとても迷いました。強いていうと打鍵感としては青軸が好きかなという所ですが、ちょっと音が気になり茶軸を購入しました。

ロジクール公式サイト」に赤軸・茶軸・青軸の詳細説明や実際のキー音が確認できるので、事前にチェックする事をおすすめ致します。

↑↑目次に戻る

 

接続先に3台登録できボタン1つで自由に切り替え

個人的にはMXシリーズを購入しつづける理由でもあるのですが、接続先として3台のデバイスを登録する事ができます。

そして、切替時にはBluetooth再接続などは不要でキーボード上のボタン1つで接続先切替が完了します。F1・F2・F3のキーで接続先切替を行います。

私は以下のとおり複数デバイスを利用しており、ボタン1つで切替ができるので共通したキーボードを利用できるので大変便利です。

  • Windows(会社の業務利用)
  • MacBook(ブログなどのプライベート利用)
  • iPad(エンタメ消費などのプライベート利用)

一見高価なキーボードではありますが、複数のデバイスで共通利用できるのでコスパのいいキーボードです。

↑↑目次に戻る

 

Mac/Windowsのキー配列に対応

KX850CT MX MECHANICAL MINIはMacとWindows両方のキー配列に対応しています。

MacのJISキーボードと同じでスペースキーから左側に「英数変換」「Command」「Option」キーが割り当てられています。

画像の通り「Windowsキー」や「Ctrl」キーも割り当てられており違和感なく利用する事ができます。

会社業務用にWindowsパソコン、プライベート利用でMacBookを利用しておりますが私は問題なく利用できております😄

↑↑目次に戻る

 

MX MECHANICAL MINIの気になった点

MX KEYS miniの時もそうでしたが、JIS配列キーボードはあるのですがUS配列キーボードがありません。

私はJIS配列キーボードしか使えないので全く問題ないですが、US配列しか使わない人にとってはかなりのデメリットです。

【MX KEYS miniレビュー】テンキーレスのおすすめキーボード メリット・デメリット紹介【iPadキーボードにもおすすめ】

↑↑目次に戻る

 

KX850CT MX MECHANICAL MINIの口コミ

全体的に高評価ですね😄

全体的に好きでした。

いろいろ試したのですが、青軸のパチパチ感が気に入ったので、青軸を選びました。
1カ月ほど使ってますが、キーを打つ感触が気持ちいし、パチパチやっているとテンションが上がるので、自分としてはかなり気に入っています。
実は最初はMiniを買ってみたのですが、やはりテンキーが無いと自分は仕事しずらいので、これを買い直しました。
困った点としては、なぜかスクリーンショットが無い事。スクリーンショットは多用するので、最初は困りましたが、Logi Options+で適当なキーにスクショがアサイン出来るたので解決しました。
あと、ワイヤレスキーボードで「BT接続のラグで最初に打ったキーが反応悪い」問題がありがちだと思うんですが、それが全くないので驚きです。これ、おそらく近接センサーを使って手を近づけたタイミングで起動して接続してますよね。(知らんけど) ともかく、最初の一打からバリバリに良い反応です。全体的にストレスを一切感じずにバシバシ使えてます。
壊れるまで使い続けたいと思ってますね、

“Amazon出典引用”

 

使いやすい!

ロジクール製品のキーボードは結構いろんな種類を使用していますが、このメカニカルキーボードは使いやすい!打ちやすい!
赤 茶 青 の違いがあまりわかっていないので、調べたらわからない場合は、赤が無難ということで赤軸を注文しました。他の茶 と 青は打ったことがないのでわかりませんが、すごい打ちやすい!
このキーボードにしたおかげかはわかりませんが、タイピングのミスが減ったような気がします。

“Amazon出典引用”

 

すばらしい。いうことなし。

Logicoolのキーボードである。
動作が安定しており、一切変な挙動が出ない。
キーの打感がものすごく良く、パンタグラフ式の前作MXKeysも買ったが、そちらのほうが薄いが、感触はメカニカルタイプのこちらのほうがいい。
キーボードで作業するのが楽しいと感じるほど。
本当に文句のつけようがなく、誤ってお茶をこぼしたときもキーを外してすぐ掃除できる。
電池の持ちも良く、もうケチのつけようがない。
現状考えられる中で最高のキーボードではないだろうか。これ以上良いものがあるとは思えない。
本当に完璧な製品である。

“Amazon出典引用”

↑↑目次に戻る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はMXシリーズ初となるメカニカルキーボード「KX850CT MX MECHANICAL MINI」を紹介致しました。

メカニカルキーボードを使ってみたい。テンキーは不要なので小型でシンプルなキーボードがいいという方にはおすすめできるキーボードかと思います。

あらためてメリットやデメリットを紹介致します。

メリット
  • 赤軸・茶軸・青軸から選べるキースイッチ
  • MXシリーズならではの心地よい打鍵感
  • 接続先に3台登録できボタン1つで自由に切り替え
  • 角度調整ができる折りたたみスタンドあり
  • 心地の良い打鍵音
  • 専用ソフトLogi Optionsでキー配置などカスタマイズが可能
  • Mac/Windowsのキー配列に対応
デメリット
  • US配列のキーボードがない

KX850CT MX MECHANICAL MINIがおすすめな人

  • メカニカルキーボードを導入したい方
  • 複数デバイス(Mac/Windows/iPad)で共通のキーボードを利用したい方
  • キーボードの打鍵感やクリック音にはこだわりたい方

テンキーレス

テンキーあり

 

【MX KEYS miniレビュー】テンキーレスのおすすめキーボード メリット・デメリット紹介【iPadキーボードにもおすすめ】 【Magic Keyboardテンキーレス】Apple純正 作業が捗る快適MacBook用外部キーボード【角度をつけるとさらに快適】 MacBookおすすめキーボード9選比較 Bluetooth接続がおすすめ

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA