本日限定!Amazonタイムセール祭り

【iPad第10世代レビュー】デメリット解消方法とiPad第9世代からの変更点を紹介

こんにちは!みつです。

iPadエントリーモデルとなるiPad第10世代が発売されました。

正直エントリーモデルというわりにはバカ高いですが、iPad第9世代からはしっかりと進化しております。

iPad第9世代からの進化ポイントと、これはイマイチでは?というポイントあわせて紹介いたします。

まずはおすすめポイントから

おすすめポイント
  • 4色のカラーバリエーション
  • 側面のTouch IDに対応
  • 新しいキーボードMagic Keyboard Folioに対応
  • A14 Bionicチップを搭載
  • 横向きステレオスピーカー内蔵
  • カメラが横向き12MP超広角に変更

個人的に以下がイマイチな点です。

  • Apple Pencil第1世代のみ対応
  • Smart Keyboardは利用不可
  • 第9世代より2万円値上げ

では、メリット・デメリット紹介しデメリットの解決方法を紹介いたします。

 

iPad第10世代のおすすめポイント

USB-Cに対応

とうとうiPad第10世代もUSB-Cに対応しました。

USB-Cに対応した事で、iPad ProのようにUSB-C対応ハブや外付けSSDなどの外部デバイスに対応しUSB-Cでの高速充電が可能です。

PCで使っていたUSB-C対応デバイスや、iPad mini6持ちなどの方であればUSB-C対応デバイスも共用利用できてコスト面でもいいですね。

下記はUSB-C対応になった事で、iPad第10世代のおすすめアクセサリーです。

iPad第10世代を活用するおすすめアクセサリー

↑↑目次に戻る

 

4色のカラーバリエーション

iPad Air5やiPad mini6は複数のカラーバリエーションがありますが、iPad第10世代も4色のカラーバリエーションに対応しました。

iPad第10世代は他のiPadに比べると原色強めのカラーバリエーションになってます。

黄色とかは原色強めでかなり珍しく個性出せていいですね😄

このカラーが決め手でついついポチって購入してしまう方も多そうです。

↑↑目次に戻る

 

側面のTouch IDに対応

iPad第9世代のホームボタンが廃止され指紋認証のTouch IDになりました。

つまりデザインが大幅刷新されベゼルレスモデルになりました。

個人的にはホームボタン付きのレトロな感じのiPadも好きでしたが、上位iPad機種と近しいデザインに統一されました😄

↑↑目次に戻る

 

新しいキーボードMagic Keyboard Folioに対応

iPad第10世代は新発売のMagic Keyboard Folioに対応します。

Magic Keyboard FolioはiPad Proや iPad Air5で利用可能なMagic Keyboard弱点を改善したキーボードです。

主な特徴としては以下の通りです。

  • ケースとキーボードを2つに分離できるデザイン
  • 14のファンクションキーがあり操作性の向上
  • ケース側では自由にiPad角度調整が可能

Magic Keyboard FolioはMagic Keyboardの弱点を改善した素晴らしいキーボードかとおもいます。

 

ただ…高い。そしてiPad第9世代で利用できたSmart Keyboardが使えないのも大分痛いです😅

↑↑目次に戻る

 

A14 Bionicチップを搭載

iPad第10世代はA13 BionicチップからA14 Bionicチップにスペックアップしました。

iPad第9世代からは当然大幅進化した性能となってますが、A14はiPad Air4と同様のチップになります。

iPad ProシリーズはM1、M2となりますが、A14でも十分です。4K動画も編集できますしゲームも問題ないです。

というか私はiPadのスペックを使い切っている人に出会った事がないです。

iPadはハードのスペックは凄いですがOSやアプリはハードの性能を使いこなせてないんですよね😅

↑↑目次に戻る

 

カメラが横向き12MP超広角に変更

これはいいバージョンアップですよね。

iPadはiPhoneをベースに作られたものだからと思いますが、フロントカメラはiPadを縦向きにした際の上部についてました。

iPad第10世代からはiPadを横向きした際の上部へとカメラは位置は変更となりました。

そしてカメラ性能も12MP超広角仕様です。

センターフレーム機能も搭載されており、iPadフレームから自分が外れないように自動調整してくれます😄

センターフレーム機能

FaceTimeなどのビデオアプリを使用する際に、機械学習能力を使って前面の超広角カメラを調整します。 動き回っても、自分やほかのユーザを常にフレーム内に収めてくれます。

↑↑目次に戻る

 

iPad第10世代のデメリットおよび解決方法

Apple Pencil 第2世代に非対応

これやっちゃいましたね😅ビビりました。

iPad第10世代は前世代から大幅なメジャーバージョンアップしましたが、利用できるApple Pencilは引き続きApple Pencil第一世代のみです。

iPad本体はUSB-CなのでApple Pencil第1世代(Lightning端子)を直接充電できないので、変換アダプタを購入する必要があります…

これはもうしょうがないので、私は無理にApple Pencil第1世代を利用せず、サードパーティ製のUSB-C対応のペンシル利用をおすすめします。

最近のサードパーティ製は描き心地だけであれば純正と遜色ないです。

Apple Pencil第2世代だと本体への磁石の吸着や、ダブルタップでのツール切り替えなどメリットはありますが、第1世代使うくらいならサードパーティ製の方が価格面含めておすすめです。

下記は「iPadペンシルランキング」で長期で1位になっているオススメペンシルです。

↑↑目次に戻る

 

純正キーボードはMagic Keyboard Folioのみ対応

これもひどいですよね。

Magic Keyboard Folioはとっても素晴らしいキーボードな気がしますが高い…高過ぎる…

エントリーモデルのiPad用なのにキーボードでiPad第10世代の半額くらいしてしまいます😓

けど、このデメリットは解決できると思っていて「ロジクールCombo Touch」のiPad第10世代モデルが出ればそれを購入すればいいと思います。

私はiPad Air5版、iPad Pro版のCombo Touch使ってますが、めちゃめちゃ入力は快適でiPad活用レベルをめちゃめちゃ上げてくれます。

Combo Touchは2万円くらいしますが、Magic Keyboard Folioに比べるとめちゃめちゃ安価人によってはMagic Keyboardよりずっと素晴らしいアイテムです。

以下は実際の詳細レビュー記事になります。iPad第10世代版の発売を待ちましょう。

【ロジクールCombo Touch レビュー】Magic Keyboardと比較しても大満足 iPadおすすめキーボード【メリット・デメリット紹介】

↑↑目次に戻る

 

まとめ

今回はホームボタン廃止、USB-C導入、複数のカラーバリエーションと進化したiPad第10世代を紹介致しました。

USB-C導入で利用できるアクセサリーが増えて、ベゼルレスデザインで画面も広がり使い勝手が向上しました。

あらためてメリット・デメリットを紹介いたします。

メリット
  • 4色のカラーバリエーション
  • 側面のTouch IDに対応
  • 新しいキーボードMagic Keyboard Folioに対応
  • A14 Bionicチップを搭載
  • 横向きステレオスピーカー内蔵
  • カメラが横向き12MP超広角に変更
デメリット
  • エントリーモデルとしては高価
  • Apple Pencil第2世代に非対応
  • 純正のMagic Keyboard Folioもかなり高価

iPad第10世代がおすすめな人

  • iPad第10世代のカラーで個性を出したい人
  • iPad購入が初めての人
  • Apple Pencilをあまり利用しない人

とはいったものの個人的なエントリーモデルとしては、iPad第9世代の方がおすすめです。

アップルもそんな事をわかっているのか、公式サイトでは引き続きiPad第9世代が購入可能です😅

 

【2022年】iPad第9世代は価格含めて持つべきアイテム iPad Air5(iPad Air第5世代)M1搭載で新発表 おすすめポイントなど紹介 iPad mini6を買う前に知っておくべき7つの理由 メリット・デメリット紹介 【iPad Pro M1レビュー】iPad Proは高いけど超おすすめ【おすすめアクセサリ紹介】

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA