殿堂入り 買ってよかったものBestBuy

【Anker PowerConf C200レビュー】2K高画質オートフォーカス機能搭載のおすすめコンパクトWEBカメラ

クラムシェルモード利用で、曲面モニターとかBenQ ScreenBarとかでも使えるオススメWEBカメラない?

困った人

 

みつ

今回はそんなお悩みにお答えします。

 

こんにちは!みつです。

今回はイヤホンや充電器で有名なAnkerさん発売のWEBカメラ「Anker PowerConf C200」を紹介致します。

5cm四方のコンパクトサイズで、映像がクリアかつ多機能の高コスパWEBカメラとなります。

これでいいじゃん!というのが正直な感想ですが、実際に使ってみての感想含め詳細をお伝え致します。

Anker PowerConf C200おすすめポイント
  • 超コンパクトでノートPCにも利用可能
  • 2Kの高画質でオートフォーカス機能搭載
  • ノイズリダクション機能や2台のマイクでクリアな音声通話
  • プライバシカバーが意外と便利
  • 最適な画角に調整可能
  • BenQ ScreenBarなどにも利用可能なWEBカメラ
  • 専用ソフトウェアでカスタマイズとファームウェアアップが可能

安価にかかわらず2K高解像度カメラオートフォーカスや画角調整も行え、2基のマイクを搭載しこれ1つでWEB会議の品質を1ランクアップできます。

ちなみに自腹購入です😅

 

Anker PowerConf C200の概要

Anker PowerConf C200はコンパクトながら2K(2650 × 1440)高画質、オートフォーカス機能、画角調整機能のついたWEBカメラです。

Anker PowerConf C200の特徴

  • 約5cm四方のコンパクトサイズ
  • 2K高画質のスムーズな鮮明映像
  • デュアルマイクおよびノイズリダクションの優れた音声処理
  • F2.0レンズにより暗い環境でも明瞭に撮影可能
  • プライバシーカバーでカメラをカバー
  • オートフォーカス機能搭載
  • 65.78.95°と最適な画角に設定可能
  • 専用アプリで各種カスタマイズが可能

WEBカメラ内でも低価格帯ながら、2K高画質、オートフォーカス機能を搭載し、アプリでも各種カスタマイズが可能な高コスパカメラになります。

Anker PowerConf C200仕様は以下の通りです。

項目 Anker PowerConf C200
サイズ 5.5cm × 5.1cm × 4.1cm
入力 5V = 1A
対応機種 Windows7/8/10/11 または Mac OS 10.11以降
接続方式 USB-C
フレームレート 2K / 30fps
画角 65° / 78° / 95°
画質 最大2K(2560 × 1440)、360P、720P、1080Pも可能
マイク デュアルマイク 集音可能距離3m
オートホワイトバランス あり
オートフォーカス あり
左右反転機能 あり
マイク指向性 全指向性(360°)、単一指向性(90°)の切替可能

みつ

価格の割に多機能かつ2K高画質のWEBカメラです😄

↑↑目次に戻る

 

Anker PowerConf C200の開封および同梱物

Ankerイメージカラーのブルーとホワイトのパッケージです。

パッケージ背面には製品特徴が記載されています。

同梱物は以下の通り

Anker PowerConf C200同梱物

付属のUSB-C to USB-Aのケーブル長は約140cmです。カメラ設置位置から充電場所までケーブルの長さが足りるかを事前にご確認ください。

USB-C側がカメラ本体、USB-A側がカメラへの給電側になります。

Anker PowerConf C200本体の重量は83gと軽量です。

↑↑目次に戻る

 

Anker PowerConf C200の外観

Anker PowerConf C200正面です。約5cm四方の正方形で重量83gとコンパクトだけあります😅

側面から見た状態です。右側にはAnkerロゴが記載されております。

左側にはAnkerロゴなしです。

上部から見た状態です。上部にはプライバシーカバー用のスイッチがあります(現在はプライバシーカバーがON状態です)

プライバシーカバーがON状態(カメラにカバーがかかった状態)です。赤色のカバーでわかりやすくていいですね😄

カメラ背面にはUSB-C接続用ポートがあります。

下部には三脚用のソケットがついており、三脚利用も可能です。

クリップが開く形になっており、モニターに立てかけたり、モニター掛け式ライトのスタンドになります。

ちょっとわかりずらいので補足すると、モニター掛け式ライト(BenQ ScreenBar Halo)などに設置した場合は以下の通りになります。

みつ

いい感じに設置できます。設置方法は次項で詳細お伝えします😄

めちゃめちゃ設置は簡単です。クリップで立てかけ設置しているだけですが、モニターを動かしてもブレたり落ちたりはありません。

みつ

外観や実際のサイズ感は以下動画へまとめております。

↑↑目次に戻る

 

Anker PowerConf C200をモニター掛け式ライトに設置

実際にAnker PowerConf C200を曲面ウルトラワイドモニター(LG 35WN75C-B)とモニター掛け式ライト(BenQ ScreenBar Halo)に設置してみました。

STEP.1
USB-Cを結線

付属ケーブルのUSB-C側をAnker PowerConf C200本体へ接続します。

STEP.2
USB-Aを結線

ケーブル反対側のUSB-AをUSB-Aポートへ接続します。

みつ

私は背面がUSBハブとなっている「LG 35WN75C-B」のUSB-Aポート利用してます。ケーブル取り回しが楽でいいです😄

STEP.3
Anker PowerConf C200設置

結線後にAnker PowerConf C200クリップを立ててカメラをライト上に設置します。

ちなみに以下は設置後の外観です。プライバシーガードは閉じてます。

↑↑目次に戻る

 

Anker PowerConf C200を実際に使ってみての感想

超コンパクトでノートPCにも利用可能

モニター上に設置した状態ですが小さいですよね😅

カメラは約5cmの正方形でめっちゃコンパクトです。

重量も約83gの軽量で、MacBook(上記画像はMacBook Air(M1チップ))やWindowsモバイルノートPCなどでも問題なく利用可能です。

カメラを横からみると「前方のひっかけ」「後方のクリップ」でしっかりとカメラを固定しカメラ設置ができます。

サイズも小さいのでガジェットポーチなどに入れて出先で利用する事も可能です😄

 

2Kの高画質でオートフォーカス機能搭載

F2.0の明るいレンズを利用しており、2Kの高画質を実現しております。ブログ用の圧縮した画像でどこまで伝わるかという所ですが…😅

実際の所、はじめて利用した際は「めっちゃキレイ」と感じました。

解像度も以下の通り、後述の専用アプリで4種類の設定が可能です。

  • 360P・・・480 × 360ピクセル
  • 720P・・・1280 × 720ピクセル
  • 1080P・・・1920 × 1080ピクセル
  • 2K・・・2560 × 1440ピクセル

2KはAnker PowerConf C200の最高画質だけあって鮮明でとてもクリアです。

WEB会議やZoom飲み会などでよくカメラを映す事が多い方にはおすすめです😄

↑↑目次に戻る

 

ノイズリダクション機能や2台のマイクでクリアな音声通話

Anker PowerConf C200には2台の「デュアルマイク構成」で、雑音を調整する「ノイズリダクション機能」を備えてます。

Anker PowerConf C200はあくまでカメラ用途のみの購入でした。飲み会の際に利用した際の相手の感想を聞くと結構クリアに聞こえているようです😄

私はヘッドセットが煩わしいので、最近はAnker PowerConf C200のみでWEB会議に利用してます😄

マイクの指向性もアプリで「全指向性(360°)」「単一指向性(90°)」と状況に応じ変更できるのでマイク利用はかなりおすすめです。

↑↑目次に戻る

 

プライバシーカバーが意外と便利

人によってはいらないよという方もいるかもしれないですが、私としては嬉しい機能です。

PCが乗っ取られるという事はほぼないと思うのですが、カメラ未使用の時は上記の通りプライバシーシールドを閉じてカメラが利用できないようにしてます😅

私みたいない神経質な方はいないと思いますが、上記のスイッチを右から左にスライドする事でシールドがオンになります。

↑↑目次に戻る

 

最適な画角に調整可能

画角も以下の通り3パターンしっかりと設定できます。

  • 画角65°
  • 画角78°
  • 画角95°

背景含め相手に映したい場合は画角を95°、会話メインで顔をアップで相手に映したい場合は65°など柔軟に設定できます。

↑↑目次に戻る

 

BenQ ScreenBarなどにも利用可能なWEBカメラ

購入前はモニター掛け式ライト(BenQ ScreenBar Halo)につけられるかなとちょっと心配でした…😅

心配は杞憂で画像の通り全く問題なくAnker PowerConf C200は設置できました。

私はエルゴトロンモニターアームを利用しておりますが、作業のためモニターを前後上下に動かしますがカメラはズレたり落ちたりする事はありませんでした😄

↑↑目次に戻る

 

専用ソフトウェアでカスタマイズとファームウェアアップが可能

Anker PowerConf C200の専用ソフトウェア「AnkerWork」は絶対インストールしてください。これ入れないともったいないです。

操作だけでなく、機能向上や不具合改修のファームウェアアップデートも本アプリ内で行います。

専用ソフトウェアAnker Workで以下実施可能です。

  • 4段階の解像度設定
  • 画角とフレーム設定
  • 画像詳細設定
  • オートフォーカス
  • 左右反転
  • マイク指向性変更(全指向、単一指向)

繰り返しですがアプリ入れないと本当にもったいないです😅

\専用ソフトウェアAnkerWork(MacおよびWindows対応)/

↑↑目次に戻る

 

気になった点

ごめんなさい。正直ないです😅

この価格でここまで出来れば十分だなというのが正直な感想です。

今まではMacBook付属の「FaceTime HDカメラ」利用してましたが、Anker PowerConf C200のが全然いいです。

正直サイズ感もデザインも機能もAnker PowerConf C200で満足してしまったので、余程の事がなければ買い換えなさそうです。

WEB会議や飲み会で使い続けて気になる点あれば追記したいと思います。というかさすがAnkerさん高コスパにまとまってます😄

製品ラインナップに以下のような上位機種ありますが、エントリモデルの「Anker PowerConf C200」で品質・機能面・デザインも満足してしまいました😅

↑↑目次に戻る

 

Anker PowerConf C200の口コミ

誰よりもキレイに映るようになった笑

外付けカメラならこれ一択レベル!
自宅からWEBセミナーをするのに買いました。

部屋の照明が暗く、カーテンを開けても、リングライトを2台置いてもなんとなく暗かったのですが、このカメラで改善しました!参加者の中でいつでも自分が一番キレイに映ります⭐︎

画角調整も出来るので、背景を広く映したいときと人物を大きめに映したいときで調整できるのでめちゃくちゃ便利です。

“Amazon出典引用”

 

赤いプライバシーシールドがわかりやすい。

今まで使っていたWebカメラがWindows11 22H2からサポート外になった為、購入。
購入の決め手は赤いプライバシーシールド。
使わない時にレンズの前に赤いプライバシーシールドが付く為、動作がわかりやすい。
機能は十分で不満は無し。
ただし、固定用部が小さめの為、古いディスプレイでは座りが悪いので工夫が必要。

“Amazon出典引用”

 

綺麗に写っているそうです。

Web会議用に購入いたしました。表情がよく伝わるそうです。
背景もよく見えるため、テーブルの上に置きっぱなしになっていたチョコパイについて、同僚から指摘を受けました。

“Amazon出典引用”

 

つまり最高

全て良いです、見た目、質感も高級感があります、ネジ穴もあるのでカメラの三脚にもつけられます!

“Amazon出典引用”

↑↑目次に戻る

 

まとめ

今回はAnkerから販売されている、約5cmの正方形サイズの多機能コンパクトWEBカメラ「Anker PowerConf C200」を紹介致しました。

正直この価格で購入できるなら最初から買っておけばよかったなというのが正直な感想です。

あらためてメリット・デメリット、おすすめな人を紹介致します。

メリット
  • 超コンパクトでノートPCにも利用可能
  • 2Kの高画質でオートフォーカス機能搭載
  • ノイズリダクション機能や2台のマイクでクリアな音声通話
  • プライバシーシールドが意外と便利
  • 最適な画角に調整可能
  • BenQ ScreenBarなどにも利用可能なWEBカメラ
  • 専用ソフトウェアでカスタマイズとファームウェアアップが可能
デメリット
  • 今のところなし

おすすめな人

  • ノートPC付属のカメラで満足できない人
  • クラムシェルモードでMacBookを利用の人
  • モニター掛け式ライトの上にWEBカメラを設置したい人
  • コンパクトなWEBカメラを利用したい人
  • 高コスパなWEBカメラが欲しい人

みつ

やっぱりAnker製品はいいですね。

 

【デスクツアー】生産性と快適性にこだわったデスク環境紹介 デスク周りの便利ガジェット紹介 【BenQ ScreenBar Haloレビュー】最高におすすめなデスクライト | 無線リモコン、背面ライトが特徴のモニター掛け式ライト 【エルゴトロンLXモニターアームレビュー】デスクスペースを有効活用できる便利アイテム。メリット・デメリット紹介

 

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA