SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?

記事内に広告を含む場合があります

  • ロックProに買い替えた方がいいのかな?
  • ロックProとロックの違いを知りたい!
  • 実際、ロックProとロックのどっちがおすすめ?
みつ
みつ

上記のような方に向けた記事内容になってます。


売れに売れたSwitchBotスマートロックの後継SwitchBotスマートロックProが発売されました。

ロックProは電池が単三電池に変更となり、バッテリー性能がさらに向上しました。そして、中からもワンタッチ解錠・施錠が可能なクイックキーが導入されました。

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?

ただ、機能がそれほど変わらないなら安い前作を購入したいですし、ロックProとロックの違いをしっかりと把握したいですよね。

今回は、ロックからロックProに乗り換えた私が、両方を比較し違いをお伝えいたします!

結論としては、初めてスマートロックを導入するならロックProがおすすめ。すでにロックを導入している人は買い替え不要というのが私の結論です。

指紋認証パッドはロックProとロックで利用できます。指紋認証パッドに関しては機能差はありません。

この記事の著者

ガジェットブロガー

みつ

プロフィール

画像を多く用いて、ガジェットのレビューを専門に提供するブログを運営しています。最大月間30万PVを誇り、ガジェット愛好者やガジェット購入を検討している方々に向けて、詳細かつ視覚的に魅力的なコンテンツを発信しています

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの比較

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
ロック(左)、ロックPro(右)

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックは、どちらも高機能なスマートロックですが、細かな機能や性能においていくつかの違いがあります。

まずは、両者を比較した製品仕様です。色付け箇所がロックProとロックの違いです。

機能・特徴
SwitchBot ロック

SwitchBotスマートロックPro
デザインクラシックノブデザイン丸型ノブデザイン
アタッチメントS/M/Lの3サイズ用意無段階可変構造
解錠方法スマホアプリ
Apple Watch
遠隔操作
音声操作
ウィジェット操作
指紋解錠
パスワード
NFCカード解錠
期間限定パスワード/指紋解錠
ワンタイムパスワード解錠
鍵の共有
1ドア2ロック対応
NFCタグ解錠
リモートボタン操作
物理鍵もそのまま使用可能
同左
バッテリー寿命6カ月
(CR123A電池2つ)
9カ月
(単3電池4つ)
微電流解錠なしあり
(電池残量が不足時も30秒間だけ応急解錠)
クイックキーなしあり
(ワンタッチで施錠解錠)
磁気感知式オートロックあり
(ドアの開閉状態を感知し自動で施錠)
同左
ロックやドア開閉状態
を常時把握
あり
(ロック/未ロックの場合、通知を送信)
同左
バッテリー残量低下
お知らせ機能
あり
(アプリやメールでアラート通知)
同左
指紋認証パッド連携
で出来ること
仮想パスワード
緊急パスワード/緊急指紋
連続入力ミス警報
連続入力ミス通知
同左
データの保護あり
(AES-128暗号化アルゴリズム)
同左
エコシステムMatter
Alexa
Google Assistant
Siri Shortcuts
IFTTT
同左
設置方法3Mテープで貼付け
ネジで固定し設置
3Mの粘着テープV2.0
(粘着効果が2倍)
ネジで固定して設置
定価¥18,980¥22,980
最新価格 Amazon Amazon
SwitchBotスマートロックとロックPro比較
みつ
みつ

前作ロックでほぼ完成されておりましたが、電池が単三電池へ変更、無段階可変構造でドアへの適合性アップ、クイックキー導入とさらに使い勝手が向上しました。


SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを整理

以降では、それぞれの違いを1つずつ比較し、どちらがあなたにとって最適かを提案します。

ロックProとロックの違い
  • ロックProは無段階可変構造によりドア適合性が大幅にアップ
  • ロックProは単三電池利用になり9ヶ月の連続利用が可能になった
  • ロックProは電池残量不足でも緊急解錠ができるようになった
  • ロックProは粘着効果が2倍になった
  • ロックProはクイックキーが搭載され中からもワンタッチ解錠・施錠ができる
  • ロックProは施錠・解錠速度がアップした

比較1:ロックProは無段階可変構造によりドア適合性が大幅にアップ

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
無段階可変構造で99%のサムターンに対応

SwitchBotスマートロックProから、無段階可変構造(対応範囲0〜23mm)のアタッチメントが採用されました。

また、プレートの高さ(台座からつまみの先端までの高さ:最大62mm)は自由に調整可能です。

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
SwitchBot公式出典引用

前作はS/M/Lの3サイズからドアに適合するタイプを選ぶ必要がありましたが、ロックProは市販の約99%のサムターンに対応し、ほぼ全てのドアに取り付け可能です。


比較2:ロックProは単三電池利用になり9ヶ月の連続利用が可能になった

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
ロックProは単三電池

前作ロックはCR123Aという高価な珍しい電池を利用していましたが、ロックProは単三電池利用となり気軽に電池交換ができるようになりました。

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
前作ロックはCR123A電池

そして、前作は最大6ヶ月の連続利用が可能でしたがロックProは9ヶ月の連続利用が可能です。

整理するとロックProでは一般的な単三電池が利用できるようになり、連続利用期間も大幅に延びました。


比較3:ロックProは電池残量不足でも緊急解錠ができるようになった

電池残量が少なくとも緊急解錠が可能

ロックProには、電池残量が不足していても30秒間だけ緊急解錠が可能な機能が搭載されました。

これにより、電池残量不足でドアを解錠できないという事態を防げます。

ただ、前作ロックでも電池残量が不足してくると、スマホに通知がくるので電池を全て使いきるということはほとんどありませんでした。


比較4:ロックProは粘着効果が2倍になった

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
粘着効果が2倍

ロックProは、改良された3Mの粘着テープを使用しており、粘着効果が従来モデルの2倍になりました。

これにより、前作ロックよりもより安定した取り付けが可能になりました。

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
公式サイト出典引用
みつ
みつ

強力な3Mテープでロックがずれ落ちる心配はありません。


比較5:ロックProはクイックキーが搭載され中からもワンタッチ解錠・施錠ができる

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?
室内からもワンタッチで解錠・施錠

前作ロックを使っていたものとしては、クイックキーは嬉しい新機能です。

前作では中からドアを開ける際にはサムターンを回す必要があったのですが、ロックProからはワンタッチで解錠・施錠ができるようになりました。

クイックキーでワンタッチ解錠動画

クイックキー機能搭載により、外からも中からもサムターンを回すことなくワンタッチで施錠・解錠ができるようになりました。

ただ、ロックProではサムターンの向きが一目でわかりにくいため、ドアが施錠されているか解錠されているか判断しにくいという意見もあります。

みつ
みつ

ロックはサムターンを回す必要がありましたが、ロックProはワンタッチ操作でさらに便利なりました。


比較6:ロックProは解錠・施錠速度がアップ

ロックProとロックの解錠・施錠速度比較

こちらは上記動画を見れば一目瞭然ですが、ロックProは解錠・施錠速度がアップしました。

そこ重要?って思うかもしれないですが、寒い時は1秒でも早く鍵を開けて家に入りたいですし、急ぎの時は少しでも早く鍵をかけて出かけたいですよね。

数秒の違いですが、少しでも無駄な時間を排除したい人はロックProを検討してみてください。


SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックがおすすめな人

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?

ロックProとロックを使ってみておすすめな人を整理しました。

おすすめな人
  • 特殊なドアをスマートロック化したい人
    ロックProは無段階可変構造で、ほぼ全てのドアに適合可能
  • はじめてスマートロックを導入する人
    スマートロック自体が未導入の方は、最新の本製品がおすすめ
  • デザインと機能性を重視する方
    スタイリッシュなデザインと高機能を兼ね備えたスマートロックを求める方におすすめです。
  • 長期間の利用を優先する人
    ロックProは最大9ヶ月の連続利用が可能。ロックは最大6ヶ月
  • ランニングコストを下げたい人
    前作は特殊なCR123A電池を使用しており、価格も高い
  • クイックキーに魅力を感じる人
    外だけでなく中からもワンタッチで施錠・解錠を行いたい方
おすすめ人
  • 予算を抑えたい方
    少しでもコストをおさえてスマートロックを導入したい方
  • サムターン操作がいい人
    中からのドア施錠・解錠はサムターン操作で確実に行いたい方
みつ
みつ

実際、前作ロックの完成度は高く、特に不満もなかったのでコスト抑えたいという方はロック購入もありです。


まとめ:はじめて買うならロックProがおすすめ!買い替えは不要

SwitchBotスマートロックProとSwitchBotスマートロックの違いを比較!どっちがおすすめ?

SwitchBotスマートロックProは、多様な機能と改良された性能を備えていますが、価格もそれに応じて前作より4千円程度高くなっています。

一方、SwitchBotスマートロックは基本的な機能をより手頃な価格で提供しており、コストパフォーマンスを重視する方には最適な選択肢と言えます。

最終的には、あなたのニーズや予算に合わせて選ぶことが重要です。

ただ、両方を使ってみた結果、初めて購入する場合はロックProをおすすめ。すでにロックを持っている方には買い替えは不要というのが私の個人的な見解です。

ロックProとロックの違い
  • ロックProは無段階可変構造によりドア適合性が大幅にアップ
  • ロックProは単三電池利用になり9ヶ月の連続利用が可能になった
  • ロックProは電池残量不足でも緊急解錠ができるようになった
  • ロックProは粘着効果が2倍になった
  • ロックProはクイックキーが搭載され中からもワンタッチ解錠・施錠ができる
  • ロックProは施錠・解錠速度がアップした

参考までにですが、公式サイトでもロックProとロックの相違点がアップされております。

記事内で紹介したアイテム

おすすめ関連記事

最後までご確認いただきありがとうございます。

是非、関連記事もチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA