Amazonタイムセール祭り(5/28[土]9:00〜5/30[月]23:59まで)お見逃しなく!!

【SwitchBotプラグレビュー】コンセントの声での操作やスマホ遠隔操作は便利 設定およびアレクサ連携方法

スマート家電でもないし、スイッチもないんだけど…スマート家電化して声やスマフォで家電を操作したいんだけど何かいい方法ない?

困った人

 

 

みつ

そんなお悩みを解決するために、「SwitchBotプラグ」が役立つかと思います。ざっくりいうとスマフォや声で電源プラグのオンオフが行えてしまうアイテムです😄

 

 

みなさんこんにちは!みつです。

ご自宅のスマートホーム化してますか?個人的にはスマートホーム化というと…第一にSwitchBotが思い浮かびます。

かなりのSwitchBot製品を導入してますが、ちょっと昔では考えられないくらい生活の質があがりました。

アレクサと連携し、以下のように声だけで家電の操作を実施してます。

みつ

「アレクサ!電気をつけて」

「アレクサ!エアコンをつけて」

「アレクサ!部屋を掃除して」

「アレクサ!カーテンを開けて」

 

自宅スマートホーム化が気になっている方には、まずは「SwitchBotハブミニ」の導入がおすすめです。気になる方は以下ご確認ください

【2022年】SwitchBot(スイッチボット)とアレクサを連携し自宅をスマートホーム化【SwitchBot Hub Mini】

ちょっと前置きが長くなりましたが、今回は「SwitchBotプラグ」を購入しました。

「SwitchBotプラグ」をざっくりとご紹介すると、電源のオンオフを外出先から「スマフォ」で操作したり、アレクサ経由で「音声」操作できる電源コンセントです。

“Amazon出典引用”

この記事の内容

・SwitchBotプラグの開封および同梱物

・SwitchBotプラグの初期設定

・SwitchBotプラグを使ってみての感想

SwitchBotプラグを導入すると、スイッチがない家電などをスマフォや声で操作できてしまいます。生活が快適になること間違いなしなのでそんなお悩みのある方は是非試してもらえればと思います。

 

おすすめポイント
  • 音声だけで電源のオンオフができる
  • 家電の消し忘れがチェックできる
  • 外出先からスマフォで電源のオンオフができる
  • スケジュール設定で設定した時間に電源のオンオフができる
  • 電力の利用状況が確認できる
  • スマフォやデバイスの過充電を防げる

今ならSwitchBotプラグの後継機「SwitchBotプラグミニ」の方がおすすめです😄

【SwitchBotプラグミニレビュー】SwitchBotプラグミニおすすめポイント紹介【SwitchBotプラグとの違いについて】

 

SwitchBot公式サイト限定クーポン

2022年6月30日までSwitchBot公式サイトで利用可能な割引クーポンをSwitchBot様よりご提供いただきました。クーポン利用で全品10%オフになります😄

入力コード:MITSU10

 

SwitchBotプラグの開封および同梱物

では、早速ですが開封します。

 

開封すると同梱物もとてもシンプル😄

SwitchBotプラグ同梱物
  • SwitchBotプラグ本体
  • 取扱説明書

シンプルですね。ちなみに電源タップにSwitchBotプラグを試しにつけた状態です。デザインもシンプルです。

↑↑目次に戻る

 

SwitchBotプラグの初期設定

SwitchBot製品全てに言える事ですが、設定は簡単です。アプリを入れて画面指示に従うのみです。

①SwitchBotアプリのインストール

下記SwitchBotアプリをダウンロードしインストールします。SwitchBot製品利用が初めての方はアカウントを作成する必要があります。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

 

アカウント作成も一瞬で終わります。つまづく事はありません

 

②SwitchBotアプリでSwitchBotプラグの有効化

SwitchBotアプリを立ち上げて以下の手順通りです。直感的に操作できるので特につまづくことはないと思います。

以下のように順々に行うのみです。



 

 

みつ

画面の指示に従うだけで簡単に設定できます。作業としては数分です😄

↑↑目次に戻る

 

SwitchBotプラグを使ってみての感想

リモコンのついていない間接照明に、SwitchBotプラグを利用してみました。

音声だけで電源のオンオフができる

“Amazon出典引用”

使ってみての感想はやっぱり便利です😄

利用している間接照明はいわゆる、コードスイッチがついているタイプで関節照明をつける際にはわざわざスイッチを押す必要があったんですよね😂

電源プラグの導入後は、スイッチを押しに間接照明まで歩いて行くのが不要で

みつ

「アレクサ!プラグをオンにして!」

「アレクサ!プラグをオフにして!」

プラグオン
プラグオフ

上記のように声だけで関節照明のオンオフができてしまいます。

使ってみて気付いたのですが、SwitchBotプラグのオンオフの際に「カチッ!」とスイッチ音がしてSwitchBotプラグのオンオフがわかるようになってました。

以下のEcho Dotなどであれば、低コストで導入できておすすめです。

↑↑目次に戻る

 

家電の消し忘れがチェックできる

自分もよくあるのですが、外出時に「あれ?照明の電源切ったっけ?」などないでしょうか?

SwitchBot製品は「SwitchBotハブミニ」があれば、外出先からSwitchBotデバイスの状態が確認できます。

上記画像の通り、「SwitchBotプラグ」が赤丸で囲まれオンの状態になってます。アプリを立ち上げるだけで電源の消し忘れが確認できるのは嬉しいですよね。

私は間接照明ですが、「ホットカーペット」や「こたつ」などの消し忘れは怖いですよね。「ホットカーペット」や「こたつ」など使う季節になったらSwitchBotプラグを追加導入したいと思います。

↑↑目次に戻る

 

外出先からスマフォで電源のオンオフができる

“Amazon出典引用”

スマフォでSwitchBotプラグのオンオフ状態を見るだけでなく、遠隔でスマフォからSwitchBotプラグの電源オンオフができます。

操作は簡単で以下の通りです。SwitchBotアプリを立ち上げて選択するのみです。

消し忘れを外出先からチェックできて、消し忘れた際には外出先から簡単に消す事ができます。これは嬉しい。

繰り返しになりますが、外出先から操作するには、「SwitchBotハブミニ」が必要となりますのでご注意ください。

↑↑目次に戻る

 

スケジュール設定で設定した時間に電源のオンオフができる

“Amazon出典引用”

これもスマートホーム家電の醍醐味というか、売りのポイントですが設定したスケジュールで動作する事ができます。

例えばですが、平日の19時〜22時まで間接照明を点灯させるなどができます。

以下は設定後の画面ですが、平日の19時に電源プラグオン、平日の22時に電源プラグオフの設定をする事で実現可能です。

寒い季節には起きる前に「ホットカーペット」をオンにして会社に向かう時間には「ホットカーペット」をオフにするなど色々使い道がありそうです😄

↑↑目次に戻る

 

電力の利用状況が確認できる

地味に以下操作でSwitchBotプラグの電力利用状況の確認ができます。

電気代節約のためにチェックしたり、接続先の家電が実際に動いているかなどの確認ができますね。

まぁ私は使わないかなぁという所ではあります。

↑↑目次に戻る

 

スマフォやデバイスの過充電を防げる

もう1つSwitchBotプラグを買ったらやろうと思っているのですが、スケジュール設定でスマフォやモバイルバッテリーの過充電を防ぐ予定です。

私はスマフォやモバイルバッテリーなどの充電は寝る前に行うのですが、大体が2〜3時間で満充電になるのですが…当然寝ているので満充電後も充電しつづけてしまうんですよね😂

スケジュール機能を使えば、夜中の3時にSwitchBotプラグをオフ、朝の7時にSwitchBotプラグをオンなどで実現できます。

ただの電源プラグですが色々と使い勝手があります。

↑↑目次に戻る

 

Twitter上のコメント

↑↑目次に戻る

 

他SwitchBotプラグ利用方法

電源スイッチのない家電をコントロールするのにSwitchBotプラグはとても便利ですが、私は以下のような用途にも利用してます。

お掃除ロボット充電器のバッテリー劣化防止

我が家ではお掃除ロボットは利用してますが、さすがに毎日は使わないんですよね。

個人的に気になるのが満充電なのに充電しつづける事です。満充電で充電しつづけるのもバッテリー劣化の元ですし電気代ももったいないです。

私は満充電になった後はアレクサ経由でSwitchBotプラグをオフ(給電をオフ)にしてます。

 

外部モニターの消費電力削減

私はウルトラワイドモニターはつけっぱなしなので、いつの間にか電気料金が跳ね上がってしまいました😅

寝る前や外出の際にはアレクサ経由でSwitchBotプラグをオフ(給電をオフ)にしてます。まぁ少しでも電気料金の節約のためです。

当たり前ですが寝てる時はモニター利用していないのでスケジュール設定で寝てる時間だけSwitchBotプラグをオフ(給電をオフ)でもいいかなと色々模索してます。

↑↑目次に戻る

 

SwitchBotを安く買う方法

個人的にはSwitchBotはお値段以上の素晴らしい製品だと思います。

ただ…購入するならば少しでも安く買いたいですよね。安く購入する方法としては大きくは3つです。

SwitchBotを安く購入する方法
  1. Amazonギフトカードを利用する
  2. Amazonセールを待つ
  3. SwitchBot公式サイトでクーポンコードを利用する

大きくは上記3つですが①の「Amazonギフトカード」利用は安く買えるというよりAmazonポイントが還元されます。

②のAmazonセールはかなりおすすめですが、早々開催されるものでもありません😅

③は期間限定となりますが、2022年6月30日までであれば、全品10%オフの価格で購入できるのでかなりおすすめです。ただAmazonでは利用不可でSwitchBot公式サイトのみで利用可能なのでご注意ください。

SwitchBot公式サイト限定クーポン

クーポンコード:MITSU10

\SwitchBot公式サイトはこちら/

みつ

クーポンコード利用手順は以下の通りです😄簡単ですよね。

STEP.1
クーポンコード入力し適用

下記の通り購入時の画面でクーポンコード「MITSU10」を入力し横の「適用する」ボタンを選択

STEP.2
割引されている事を確認

割引欄に価格の10%の割引が適用されている事を確認。後は購入手続きを実施する。

↑↑目次に戻る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はスマフォや声で電源オンオフができる「SwitchBotプラグ」を紹介致しました。

使い方によっては、生活の質をとても向上させてくれます。アイデア次第で色々な使い方があります。

おすすめポイント
  • 音声だけで電源のオンオフができる
  • 家電の消し忘れがチェックできる
  • 外出先からスマフォで電源のオンオフができる
  • スケジュール設定で設定した時間に電源のオンオフができる
  • 電力の利用状況が確認できる
  • スマフォやデバイスの過充電を防げる
SwitchBot製品はスマフォで簡単に設定できますし、低コストで自宅のスマートホーム化が実現できます。

外出先からSwitchBotプラグを操作したい方には、追加で以下が必要です。ただSwitchBotハブミニ単体でも色々できるので是非ともチェックいただきたいです。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

 

スマホのSwitchBotアプリで全てのSwitchBot製品が管理できてしまいます。今後も自宅のSwitchBot製品が増えていきそうです😅

 

SwitchBot公式サイト限定クーポン

2022年6月30日までSwitchBot公式サイトで利用可能な割引クーポンをSwitchBot様よりご提供いただきました。クーポン利用で全品10%オフになります😄

入力コード:MITSU10

 

私が導入しているSwitchBot製品シリーズです😄

以下にSwitchBot製品と紹介記事をまとめております。よければご確認いただければと思います。

SwitchBotシリーズ
  1. SwitchBotハブミニ (テレビやエアコンをスマホや声で操作)
    レビュー記事
  2. SwitchBotボット (部屋の電気などのボタンをスマホや声で操作)
    レビュー記事
  3. SwitchBotカーテン(スケジュールでカーテン開け閉め自動化)
    レビュー記事 
  4. SwitchBotプラグ(スイッチのない家電の電源オンオフを操作)
    レビュー記事
  5. SwitchBotプラグミニ(SwitchBotプラグの後継機。こちらの方がおすすめ)
    レビュー記事
  6. SwitchBotスマート電球(オンオフや明るさ・色をスマホや声で操作)
    レビュー記事
  7. SwitchBot屋内カメラ(外出先から自宅の様子確認。動きを検知しアラート)
    レビュー記事
  8. SwitchBotリモートボタン(SwitchBot製品を専用リモコン操作)
    レビュー記事
  9. SwitchBot LED テープライト(間接照明LEDテープをスマホ操作)
    レビュー記事
  10. SwitchBotスマートロック(ドアの鍵閉めをスマホで操作)
    レビュー記事
  11. SwitchBot加湿器 (スマホや室内の温度で加湿器の操作)

 

スマホもいいですが、声で家電を操作してはじめてスマートホーム化と個人的には思ってます😅是非スマートスピーカーとSwitchBotを連携させてみてください。

 

他にも色々製品があるので、是非チェックしてみてください。
【SwitchBotスマートロックレビュー】スマホやApple Watch、音声(アレクサ)でのドア施錠が可能なスマートキー【メリット・デメリット紹介】 【SwitchBot屋内カメラレビュー】外出先からスマホでカメラ確認 アレクサと連携しスマートホーム化 SwitchBot LED テープライトでデスク周りをライトアップ 設定およびアレクサ連携方法 【2022年】SwitchBot(スイッチボット)とアレクサを連携し自宅をスマートホーム化【SwitchBot Hub Mini】 【SwitchBotカーテンレビュー】両開きカーテン自動開閉で快適な朝の目覚め 設定およびアレクサ連携方法 【SwitchBotスマート電球レビュー】音声で電球カラーや明るさを設定できるスマート家電 設定およびアレクサ連携方法

 

今年のBest buyアイテムです😄
【2022年 最新版】厳選QOLが爆上がりした買ってよかったアイテム紹介(デスク編・iPad編・整理編・エンタメ編・サービス編)

 

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA