12%ポイントUP!Amazonタイムセール祭り

【SoundLink Mini II Special Editionレビュー】BOSEの高音質Bluetoothスピーカー

困った人
困った人

おうち時間を快適にするために気軽に利用できて、いい音の出るおすすめのスピーカーを教えて欲しい😅

みつ
みつ

そこそこコストはかかりますすがいい音という事であれば、BOSEのスピーカーがおすすめです!


こんにちは!みつです。

みなさんはBluetoothスピーカー利用されてますか?

私は以前より超気になっていたBOSEから発売されている「SoundLink Mini II Special Edition」をやっと手に入れました。

SoundLink Mini II Special Edition

Bluetoothスピーカーで検索すると山ほど製品が出てきますが、音にはこだわりたいという事でお高いですが本製品を購入しました。

ただ、お値段が段違いなので当然といえば当然ですよね😅では、ざくっとおすすめポイントから

おすすめポイント
  • さすがBOSEの圧倒的な音質
  • この音質で超小型のコンパクトサイズ
  • やっぱりUSB-C充電は嬉しい
  • スピーカー本体の操作ボタンは使いやすい
  • マルチポイント接続対応でストレスなく使える
  • 1回の充電で約12時間の連続再生が可能
  • デザインもかなりいい
  • 外部入力端子AUXで有線接続も可能

さすがBOSEという所ですが、小型なのにクリアな重低音響き渡ります😄小型で気軽に利用できるので超満足です。

この記事でわかること

  • SoundLink Mini II Special Editionの特徴
  • SoundLink Mini II Special Editionを実際に使ってみての感想
  • SoundLink Mini II Special Editionの気になった点
  • SoundLink Mini II Special Editionの口コミ
  • SoundLink Mini II Special Editionのまとめ

SoundLink Mini II Special Editionの概要

「SoundLink Mini II Special Edition」は手のひらに収まる軽量コンパクトサイズながら、深みのある重低音サウドを響かせるBluetoothスピーカーです。

製品特徴は以下の通りです。

SoundLink Mini II Special Editionの特徴
  • BOSEならでは迫力のサウンドと重低音
  • 手のひらに収まる軽量、コンパクトサイズ
  • 最大12時間の連続利用が可能なバッテリー性能
  • SiriやGoogleアシスタントの音声アシスタントに対応
  • Bluetooth接続で最大8台の接続先を登録可能
  • マルチポイント接続に対応
  • 本体のボタンで簡単操作
  • AUXの有線接続も可能

製品仕様は以下の通りです。

項目SoundLink Mini II Special Edition
イメージ
サイズ18 cm(W) x 5.1 cm(H) x 5.8 cm(D)
重量0.68kg
カラートリプルブラック、ラックスシルバー
ワット数8W
入力端子φ3.5 mm外部入力端子
充電USB-C充電
同梱物・SoundLink Mini II Special Editionスピーカー本体
・USB-Cケーブル
・マニュアル
メーカー保証1年
SoundLink Mini II Special Editionの製品仕様

SoundLink Mini II Special Editionの開封および同梱物

パッケージはブラックとホワイトのBOSEらしいシンプルなパッケージです。

パッケージ正面

横にスライドするタイプの箱で開けると以下の通り説明書が確認できます。

開封

説明書の下にはUSB-Cケーブルなどのケーブル類がまとめられてます。ちなみに説明書はBOSEのサイトにアップされており「こちら」から確認可能です。

同梱物は以下の通りです。超シンプル😄

SoundLink Mini II Special Editionの同梱物一式
SoundLink Mini II Special Editionの同梱物
  • SoundLink Mini II Special Editionスピーカー本体
  • USB-Cケーブル
  • マニュアル


SoundLink Mini II Special Editionの外観

SoundLink Mini II Special Editionの外観紹介となります。正面から見た状態です。シンプルで主張過ぎないいデザインです。

本体正面

上から見た状態です。各操作ボタン(後述してます)がスピーカー上部にあります。

本体上面

横から見た状態です。サイドにはUSB-Cポートと有線接続用のAUXポートになります。

本体側面

背面から見た状態です。正面だけでなく背面にもスピーカーがあるようです。

本体背面

では、実際に使ってみての感想を紹介いたします。

SoundLink Mini II Special Editionを実際に使ってみての感想

さすがBOSEの圧倒的な音質

私も若かりし頃よりBOSEは知ってはいましたが、BOSE製品を利用するのはお金を持っているリッチ層のみだと思ってました。

ちょっと数年前までは、スマホで音楽再生したり、PCやモニターの内蔵スピーカーで音楽や動画を楽しんでました

最近ちょっと稼げるようになってきて、昔からの憧れの本製品「SoundLink Mini II Special Editionを購入しました。

音質の良さを言葉で表現するのは難しいのですが、本当に音質に関しては圧倒的です。まさにBOSE音質です。

Fire TV Stickで見る映画がまさに映画館で見ているかのように、ズンズンと響き臨場感が全く違います。

スピーカー1つでこんなに違うのかという驚きです。

小さな音量でも低音が強いのか音の振動が響き、今までのスピーカーでは聞こえなかったような音も聞こえるようになりました。

この音質で超小型のコンパクトサイズ

上記は「AirPods Pro」とSoundLink Mini II Special Editionを並べた画像です。

個人的には、このサイズでよくあんなに素晴らしい音が出せるなというのが驚きです。

正直にいうと物理的に無理があるのでは?と思うのですが、この小さなボディから繰り出されるサウンドは驚きです。

部屋のスペースをとらずにこの音質が表現ができ、場合によっては持ち歩きもできるという素晴らしいアイテムです。

本当に小さいですよね😅ほぼペットボトルサイズです。

やっぱりUSB-C充電は嬉しい

USB-C充電ポート(下側)、AUX端子(上側)

こう思っているのは、私だけではないと思いますが全ての規格をUSB-Cに統一して欲しいですよね。

BOSEの中でも「SoundLink Mini」シリーズは売れている超ロングセラー商品で、バージョンアップが繰り返されてきました。

今回の「SoundLink Mini II Special Edition」からUSB-Cが導入されました。

これは嬉しいですよね。USB-Cは充電も早いですし今後統一される規格なので、長く使える事ができます。

ちなみに、下記のような「マグネット充電ケーブル」を利用すると充電都度ケーブルを抜き差しするという作業から解放されます😄

おすすめマグネット充電ケーブルのメリット・デメリット紹介|Melonboyマグネット充電ケーブル

スピーカー本体の操作ボタンは使いやすい

本体には、スピーカー操作のための5つのボタンがついてます。

ソフトな感触のボタンで左側から「電源」「マイナス」「ファンクション」「プラス」「Bluetoothボタンになります。

SoundLink Mini II Special Editionのボタン操作
  • 電源:電源のオンオフボタン
  • マイナス:音量を下げるボタン
  • ファンクション:再生や停止など(詳細は後述)
  • プラス:音量を上げる
  • Bluetooth:他デバイスとのBluetoothペアリングボタン

ボタンは上記の通りで、ファンクションボタンとBluetoothボタンについて補足します。

【ファンクションボタン操作】

  • 長押し:GoogleアシスタントやSiriの呼び出しや着信拒否
  • 1回押し:再生、停止、通話の応答、通話終了
  • 2回押し:早送り(次のトラック)
  • 3回押し:巻戻し(前のトラック)

【Bluetoothボタン補足】

  • 長押し:新しいデバイス(スマフォなど)とペアリング
  • 1回押し:2台ペアリング時の接続先デバイスの切替

マルチポイント接続対応でストレスなく使える

安価なBluetoothスピーカーだとついていなのですが、SoundLink Mini II Special Editionはマルチポイント接続が可能です。

そして、SoundLink Mini II Special Editionでは、最大8台までのBluetoothデバイスを登録できます。

そのため、スピーカー本体の電源を入れると自動的に接続設定を済ませた端末を見つけBluetooth接続します。

また、スマホで再生していて、接続デバイスをパソコンなどに切り替える際にいちいちBluetoothの接続し直しをする必要がありません。

スマホで音楽再生を停止し、パソコン側で再生をすると自動的に接続先がパソコンに切り替わり再生されます。

1回の充電で約12時間の連続再生が可能

充電式リチウムイオンバッテリーで、1回の充電で最大12時間の連続再生が可能です。時間を気にする事なく音楽や映画をずっと楽しめます。

これだけあれば、外出先でも申し分ないですよね😄

仮になくなったとしてもUSB-Cケーブル1本と充電器があればどこでも充電できます。

今はモバイルバッテリーも安価で持ち歩いている人が多いと思いますので、スマホと兼用でモバイルバッテリーを持つのもありですね。

とはいえ、12時間の連続利用ができるので外出利用も全く問題ないですね。そして充電しながらスピーカーを利用することも可能です。

モバイルバッテリーについては小型で超高コスパな以下「CIO SMARTCOBY Pro」がかなりおすすめです。このスペックでこの価格は…他モバイルバッテリーに比べ圧倒的です😅

CIO SMARTCOBY Proレビュー|最大30W充電でiPad ProやM1 MacBook Airを高速充電

デザインもかなりいい

SoundLink Mini II Special Editionの外観でも見ていただいた通りデザインもかなりいいのではないでしょうか?

中央にBOSEのロゴがあり、全体的にシンプルで落ち着いたデザインです。変に主張過ぎていないので、どんな部屋にも合いそうです。

外部入力端子AUXで有線接続も可能

Bluetoothスピーカーといえど、やっぱりAUX端子が欲しいですよね😅

Bluetoothスピーカーのいい所は、ケーブルなしに気軽に利用できるという所でもあるのですが、ここまで音がいいと据え置きスピーカーとして使いたくなります。

そして、超小型コンパクトサイズのなので、デスクにおいてもスペースを取らないので据え置きスピーカーもありですよね。

全ての機器がBluetooth接続できるわけではないので、テレビやプロジェクターで利用する場合には有線接続ができるAUX端子があるのは助かりますね。

ちなみに、有線接続用のケーブルは付属していなので、有線利用の際には以下「Ankerプレミアムオーディオケーブル」のようなケーブルを別途購入する必要があるのでご注意ください。

SoundLink Mini II Special Editionの気になった点

SoundLink Mini II Special Editionは軽量コンパクトで音質はめっちゃいいですが、なかなか勇気のいる価格帯ですよね。

セールの際は多少は安くなりますが、2万円以上はするアイテムです。

個人的には、BOSEというブランドと音質・コンパクトサイズに価値を感じられる方におすすめします。

もうちょっとコスト抑えて、音質のいいスピーカーはという事であれば、私は「Anker Soundcore3」をおさせていただきます。

防水機能も搭載されており、価格以上の音質なので失敗はないと思います。


SoundLink Mini II Special Editionの口コミ

サイズ感における高音質

クオリティに対しての価格の安さ。ハイコストパフォーマンスの製品。

“Amazon出典引用”

期待どおり&BOSEらしい

ウーハー的なドンドンという感じではないですが、低音強めの重厚感がある音質で期待どおりでした。
バッテリー駆動ですが、通常利用であれば充分な長さで稼動します。

“Amazon出典引用”

買って良かった

正直あまり期待していなかったのだがさすがBOSEだよ。Bluetoothスピーカーでここまで低音を響かせてくれるのか。
SONYから乗り換えた訳だが、クリアさでは負けるものの、低音重視の私としては断然BOSE!買ってよかったです。

“Amazon出典引用”

比べると素人でも違いがわかる

品質については、申し分ありません。
素人なのでそこまでこだわっていませんでしたが、以前使っていた5000円くらいのスピーカーとは音の広がりというか、質が違うのがわかります。

“Amazon出典引用”


SoundLink Mini II Special Editionのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「SoundLink Mini II Special Editionを紹介致しました。

BOSEというだけあって(高価なだけあって😅)、このコンパクトサイズから信じられないような素晴らしい音がでます。

個人的には長く使うものなので、下手に安いものを買うよりいい買い物ができたなと思ってます。あらためておすすめポイントを紹介します。

SoundLink Mini II Special Edition
総合評価
 (4)

メリット

  • さすがBOSEの圧倒的な音質
  • この音質で超小型のコンパクトサイズ
  • やっぱりUSB-C充電は嬉しい
  • スピーカー本体の操作ボタンは使いやすい
  • マルチポイント接続対応でストレスなく使える
  • デザインもかなりいい
  • 外部入力端子AUXで有線接続も可能

デメリット

  • 人によっては高価に感じる
おすすめな人
  • 持ち歩き可能な高音質スピーカーが欲しい人
  • BOSEの音質が好きな人
  • マルチポイント接続可能なスピーカーが欲しい
  • デスクなどに据え置き型のコンパクトスピーカーが欲しい人

充電もUSB-Cが採用され最大12時間の利用が可能。そしてマルチポイント接続で柔軟に接続先を切り替えられ場所を選ばず快適に利用できます。

Bluetoothスピーカーは山ほどありますが、ほぼ毎日利用するものなので、少々値ははりますが買ってよかったです。

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA