【ベストバイ】高いけど買ってよかったものランキング 超満足編|在宅ワーク編|おこもり生活編

MacBookおすすめキーボード9選比較 Bluetooth接続がおすすめ

MacBook用の外付けキーボード欲しいけど、種類が多すぎてよくわからない選ぶ際の注意点やおすすめあったら教えて欲しい。

困った人

 

みつ

今回はそんなお悩みにお答え致します。

 

 

こんにちは!みつです。

今回はMacにおすすめのキーボードを紹介いたします😄

iMacやMac mini利用ユーザーにとってはキーボードは必須となりますが、MacBookでクラムシェルモード利用される方にも必須のアイテムですよね。

まずはキーボード導入の際のチェックポイントを紹介し、あわせておすすめキーボードを紹介いたします。

この記事の内容
  • キーボード選択にあたっての注意ポイント
  • おすすめキーボードの紹介

みつ

注意ポイントは基本的なところを触れています。ご存じの方がほとんどかと思いますので目次よりスキップしてください😅

 

キーボード選択にあたっての注意ポイント

基本的な注意ポイントですが、最低限ここだけはチェックしたいところです😅

Macに最適化されたキーボードになっているか

パソコンにWindows、MacがあるようにWindowsとMacに最適化されたキーボードが販売されております。

基本的にはMacのキーボードレイアウトになっているものを購入すべきですが、ロジクールの「MX KEYS mini」ようにWindowsとMac両方に最適化されたキーボードもあります。

【MX KEYS miniレビュー】テンキーレスのおすすめキーボード メリット・デメリット紹介【iPadキーボードにもおすすめ】

 

キーボード接続先を自由に切り替えられるか

会社はWindows、プライベートはMacというように複数パソコンを利用しているというのは今では当たり前ですよね。

キーボードによっては、ボタン1つで接続先を自由自在に切り替えらます。

自由に切り替えられるならデスク上のキーボードも1つで済みますし、キーボードも1台で済むのでコストもかからずメリットだらけです。

できれば切り替え機能を所持したキーボード利用をおすすめします。ちなみに先にご紹介の「MX KEYS mini」は3つのデバイスをボタン1つで切り替え可能です。

 

キーボードの接続方式

次はMacとの接続方式です。接続方式はざっくりと以下3パターンがあります。

Macとの接続方法
  1. Bluetooth接続
  2. 有線接続
  3. 無線2.4GHz接続(USBレシーバ)

個人的にはBluetooth接続が最もおすすめですが、各接続には以下特徴があります。

Bluetooth接続

ケーブルを必要とせずワイヤレスで快適です。

ペアリング設定の手間はありますが、一度ペアリング設定してしまえば後はキーボードの電源をONとすると自動的に接続されます。

強いてデメリットをあげると、キーボードの電池交換や充電の必要があります。

 

有線接続

有線なので遅延がなく給電は不要です。

ただ…なんといってもMacと接続するケーブルが邪魔になるので、気になる人はかなり気になると思います。

 

無線2.4GHz接続

MacにUSBレシーバーを挿してしまえば、Bluetooth接続同様に無線なのでケーブルのわずらわしさはありません。

Bluetooth同様にキーボードの電池交換や充電は必要です。

強いてデメリットをあげるとUSBポートを1つ消費してしまうという所でしょうか

 

キーボード配列について

ご存じの方が大半かと思いますが、キーボード配列は主にJIS(日本語配列)US(英語配列)の2つがあります。

個人的にはJIS(日本語)配列のキーボードを使いなれている方が多く、キーボード配列というとJIS配列をイメージされている方が多いかと思います。

キーボードを購入の際にはJIS配列とUS配列キーボードを間違えないようにご注意ください。

私はJIS利用者で購入した後に、US配列を買ってしまい後悔しました😅

↑↑目次に戻る

 

Macおすすめキーボード紹介

前置きが大分長くなってしまいましたが、Macにおすすめのキーボード紹介いたします。

高くていいのは当たり前ですが、安価だけど高品質なアイテムも紹介してます。

利用環境や重視するものによって合うキーボードは人によって異なると思いますが、是非一度チェックしてみてください。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

 

“Amazon出典引用”

おすすめポイント
  • なんといっても2000円とかなり安いです!
  • 重さは約200gと非常に軽く持ち運びにも便利
  • キーレイアウトもApple仕様

2000円で購入出来てしまう安心のAnker製品です。まずは試してみたいという方には最適です。

↑↑目次に戻る

 

ロジクールK380

“Amazon出典引用”

おすすめポイント
  • 薄型、軽量、コンパクトで外出先の利用に便利
  • 3台のデバイス登録(iPad・MacBook・Windowsなど)が出来てボタン1つで切替可能
デバイス登録をすれば、ボタン1つでiPad、パソコン、スマフォと接続先が変更可能で柔軟性が高いです。

 

Ajazz 308i Bluetoothキーボード

 

“Amazon出典引用”

ぱっと見で伝わると思いますがタイプライター風でかわいいデザインですよね😄

おすすめポイント
  • タイプライター風でデザインは秀逸
  • 7色のカラー展開(ホワイトはかなりシンプルで洗練された感じです)
  • iOS/Android/Windowsと利用可能
  • キーノイズ低減技術を採用し打鍵音が静かで手触りが快適

個人的には、Amazonで紹介されている7色全色をチェックいただきたいです。全くイメージが違うのでチョコレート色やホワイトはかなりおすすめできます。

↑↑目次に戻る

 

ロジクールK780

“Amazon出典引用”

おすすめポイント
  • テンキー付きのフルサイズキーボード
  • BluetoothだけでなくUSBレシーバーあり
  • キー中心が窪んでおり快適なタイピングが可能
  • 3台のデバイスが登録できボタン1つで切替可能
  • スタンド機能あり

iPad利用だけでなくパソコン利用にも最適化されたモデルです。ただフルサイズのため持ち運びには向きません。

↑↑目次に戻る

 

ロジクールKX800 MX KEYS

“Amazon出典引用”

おすすめポイント
  • 入力と打鍵感はパーフェクト
  • 3台のデバイス登録が出来ボタン1つで切替可能
  • 嬉しいUSB-C充電対応
  • 専用の無料ソフトでキーのカスタマイズが可能

バックライト付きで、パソコン利用に最適化されております!CommandキーなどもありiPadキー入力も最適です。

以下はレビュー記事となります!

【mxkey実機レビュー!】ロジクール KX800 MX KEYS秀逸の神キーボード 【ベストバイ】高いけど買ってよかったものランキング 超満足編|在宅ワーク編|おこもり生活編(主にAmazonと楽天)【2021年・2022年】

下記のロジクール純正パームレストを利用するとさらに入力が捗ります。

【ロジクールパームレストMX10PRレビュー】MX KEYSとセットは最高

最高に相性のいいマウスです😄

【MX Master 3レビュー】ロジクール至高のおすすめ多機能マウス メリット・デメリット紹介

↑↑目次に戻る

 

Apple Magic Keyboard

“Amazon出典引用”

おすすめポイント
  • Apple純正品のためiPad、MacBookでの利用においては高い品質と安定性
  • 洗練されたデザインでおしゃれです。純粋にカッコいい
  • シザー構造で高いタイピング性能
Magic Keyboardは本当に美しいです😄私はMagic Keyboard(JIS版)を愛用してます。

Apple純正だけあってiPadでの利用も快適です。純正なので当たり前かもしれませんが相性が最高にいい😄

【Magic Keyboardテンキーレス】Apple純正 作業が捗る快適MacBook用外部キーボード【角度をつけるとさらに快適】

ちなみにテンキー版の「Magic Keyboard(テンキー版)」もあり、こちらはスペースグレーカラーもあります。

↑↑目次に戻る

 

Satechi スリム X1

 

“Amazon出典引用”

おすすめポイント
  • 有名なSatechiから販売のApple純正品かのようなデザイン
  • 洗練されたデザインでおしゃれです。純粋にカッコいい
  • 最大3台の接続先を登録できボタン切り替え可能
  • USB-C充電式
  • バックライトの搭載
さすがSatechi製品というところでもありますが、機能もデザインも最高です。

 

個人的にはJIS版があるととても嬉しかったです😅ちなみにテンキー版に「Satechiスリム X3」があります。

↑↑目次に戻る

 

HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨

“Amazon出典引用”

いわずと知れた最高峰のHHKBキーボードです。

おすすめポイント
  • 静電容量無接点方式により至高の打鍵感
  • 接続先を登録しMacWindowsiPadと自由に切替可能
  • Bluetooth接続だけでなくUSB接続も可能
  • キーマップ機能でMacWindowsに適したキー配置が可能
  • 持運びも可能なコンパクトサイズ

↑↑目次に戻る

 

ロジクールMX KEYS MINI

本記事内でも紹介している「ロジクールKX800 MX KEYS」のテンキーレス版「MX KEYS mini」です。個人的にはこちらが最もおすすです😄

おすすめポイント
  • ロジクールKX800 MX KEYS
  • 入力と打鍵感はパーフェクト
  • 3台のデバイス登録が出来ボタン1つで切替可能
  • 嬉しいUSB-C充電対応
  • 専用の無料ソフトでキーのカスタマイズが可能

ロジクールKX800 MX KEYSは最高のキーボードなのですが…

テンキーのせいで右手をキーボードから離し、マウスまでの移動する際の距離が気になるんですよね😅

持ち運びでiPad mini6との組み合わせもよさそうです。

下記は実際に使ってみての詳細レビュー記事なります。グレーのMX Master 3との相性も最高によさそうです

【MX KEYS miniレビュー】テンキーレスのおすすめキーボード メリット・デメリット紹介【iPadキーボードにもおすすめ】 【MX Master 3レビュー】ロジクール至高のおすすめ多機能マウス メリット・デメリット紹介

持ち運びでiPadとの組み合わせもよさそうです。

↑↑目次に戻る

 

Keychron K8 日本語

おすすめポイント
  • 有線・Bluetooth接続が可能
  • MacとWindowsの兼用キー配列
  • 最大3台までペアリングが可能で自由に接続先を切替
  • オレンジキーキャップなど重厚感含めデザインが最高
  • メカニカルの打鍵感がいい
  • テンキーレス版だけど十字キーが使いやすい
  • バックライト点灯でキー入力が楽しい(ライトOFFも可能)

私はKeychron K8の日本語配列(JIS配列)を利用してます。

なぜかAmazonにはUS配列のみで日本語配列の取り扱いがないようで、私は楽天市場で買いました。

MacBookのクラムシェルモード利用時にこのキーボードを外付けキーボードとして利用するのはかなりおすすめです。キー入力しやすいだけでなくキー入力していて本当に楽しいんですよね。

↑↑目次に戻る

 

ロジクールKX850CT MX MECHANICAL MINI

MX KEYS miniは最高のキーボードでしたが、MXシリーズ初となるメカニカルキーボードを手に入れました。

使い始めて間もないですが、MXシリーズならではの素晴らしい打鍵感です。

KX850CT MX MECHANICAL MINIおすすめポイント
  • 赤軸・茶軸・青軸から選べるキースイッチ
  • MXシリーズならではの心地よい打鍵感
  • 接続先に3台登録できボタン1つで自由に切り替え
  • 角度調整ができる折りたたみスタンドあり
  • 心地の良い打鍵音
  • 専用ソフトLogi Optionsでキー配置などカスタマイズが可能
  • Mac/Windowsのキー配列に対応

MXシリーズの何がいいってキーボードの基本となる打鍵感も素晴らしいのですが、キーボードとしての完成度も高いんですよね。

Mac/Windowsのキー配置にも対応し、接続先に3台登録ができるのでWindows、MacBook、iPadなどの共用キーボードとして利用できます。ある意味高コスパのキーボードです。

ロジクールのMXシリーズはいいですね。キーボードだけでなくマウス含めてついつい一式揃えてしまいます。

事前にビックカメラで赤軸・茶軸・青軸を触ってきましたが、個人的には押し心地・打鍵音含めて茶軸がちょうどいい感じでした。

【KX850CT MX MECHANICAL MINIレビュー】打鍵感最高、機能盛り盛りの最高のキーボード ただしMacBook利用者は要注意

↑↑目次に戻る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は安価なものから超がつく程の高級キーボードを紹介致しました😄

Magic KeyboardはApple純正品のためMacBookとの相性は素晴らしくいいですが、ロジクールの製品も負けず劣らず素晴らしい製品です。

今回紹介したロジクール製品のキーボードの中には、ボタン1つで接続先を自由に切り替えられたりとMagic Keyboardにない便利な機能などもあります。

私は主に「MX KEYS mini」を愛用しておりますが、機能だけでなく打鍵感も最高です。

デザイン、利用環境、機能、予算など人によって重視する点は異なるかと思いますが、キーボード選定のいい判断材料になったのではと思っております。

 

【2022年】自宅デスクでMacBook・Windowsを快適に使うための周辺機器およびアクセサリ紹介【テレワークに最適】 Twelve South BookArcノートPCスタンドじゃなくてLAMPOノートPCスタンドを買ってみた 【2022年】MacBookにおすすめのUSB-Cハブ メリットあわせて紹介【MacBook air usbハブおすすめ】 【2022年】MacBookおすすめマウス13選 【NIMASOアンチグレアフィルム】初心者にもおすすめ貼り付けもしやすくM1 MacBook Airに最適なフィルムでした 【MacBook Air M1レビュー】最小構成でもやはり凄かった メリット・デメリット紹介 MOFTノートPCスタンドどこでも利用できるおすすめPCスタンド 【2022年 最新版】厳選QOLが爆上がりした買ってよかったアイテム紹介(デスク編・iPad編・整理編・エンタメ編・サービス編)

 

 

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA