🎉今年最後のAmazonブラックフライデーセール12月2日(木)まで【お得セール情報を常に更新】🎉

iPadおすすめフィルム6選【光沢・非光沢・ペーパーライク・着脱式】

こんにちは!みつです。

みなさんはiPadにフィルムをつけてますか?

iPadにフィルムいる?って方もいるかもしれませんが、iPadの美しい画面にヒビでも入ると…なえますよね😂

フィルムはiPadを保護するだけでなく色々なメリットがあります。

フィルム種類によって効果は異なりますが、以下のようなメリットがあります。

iPadにフィルムを貼るメリット
  • 画面の発色がよくなりより画面がキレイになる
  • 皮脂や指紋が残るのを防ぐ事ができる
  • 画面反射を抑える
  • 紙の質感を出しApple Pencil利用時は正に紙のノートになる
  • ブルーライトをカットし目の疲れを軽減できる

メリットを色々と書きましたが、メリットがあればデメリットもあります。

ただ、それ以上にフィルムを利用する事によるメリットが大きいので、iPadを購入したらフィルムは必須のアイテムかと個人的には思ってます。

厳選のフィルムを紹介するので是非チェックいただければと思います。

この記事の内容
  • フィルム別のメリットやデメリットがわかる
  • iPadのおすすめフィルムがわかる

フィルムを利用しiPadをしっかりとヒビ割れなどから保護して、フィルム利用におけるメリット(発色向上、画面反射防止、ペンシル描き心地向上など)を試してみてください。

 

はじめに

フィルム紹介にあたってざっくりとフィルム種類とメリット・デメリットについて紹介させてください。

光沢フィルム(グレアフィルム)特徴

光沢フィルムの特徴
  • メリット:光沢フィルムという名の通り、iPad画面の発色を損なわずキレイに映ります
  • デメリット:指紋が目立つ、太陽や電気の光が反射する
  • おすすめな人:キレイな画面で映画やドラマを見たい方、写真をキレイな状態で見たい方

 

非光沢フィルム(アンチグレアフィルム)特徴

非光沢フィルムの特徴
  • メリット:指紋が残りにくい、太陽や電気の光の反射がしずらい
  • デメリット:画面の発色が落ちる
  • おすすめな人:iPad画面に皮脂が残るのが嫌な方、画面反射が気になる方

 

ペーパーライクフィルム特徴

ペーパーライクフィルムの特徴
  • メリット:iPadの画面がノートの質感になり、Apple Pencilとの組み合わせは最高です
  • デメリット:画面の発色が落ちる、指でのiPad操作がザラつく
  • おすすめ人:iPadをほぼノートとして利用する方向け

 

もっと掘り下げると沢山の特徴もありますし、ブルーライトフィルムなどもありますが上記で各フィルムの特徴の大枠はとらえられてると思います。

前置き長くなりましたが、おすすめフィルムを紹介させていただきます。

 

iPadおすすめフィルム

NIMASO 光沢ガラスフィルム

“Amazon出典引用”

個人的に最も一押しなので、「NIMASOガラスフィルム」です。

フィルムどれにしたらいい?ともし聞かれたらNIMASOのフィルムだと大丈夫だよと答える位のアイテムです😄

大きな特徴としては、初心者でも張りやすい「ガイド枠付き」で YouTubeの貼り付け方法の動画などもありフィルム貼り付けに失敗しません。

ちなみに、フィルムと一緒に入っているマニュアルに YouTubeの確認方法の記載があります。

ポイント
  • 光沢フィルムでiPad画質をそこなわない
  • 初心者でも張りやすい「ガイド枠付き」
  • 強化ガラス、高透過率、高感度タッチ

Amazon保護フィルム売れ筋ランキング」でも上位を独占しているおすすめのアイテムです

 

NIMASO 非光沢ガラスフィルム

“Amazon出典引用”

NIMASO製品の特徴でもありますが、先の紹介のNIMASO光沢フィルムと同様です。

初心者でも張りやすい「ガイド枠付き」で YouTubeの貼り付け方法の動画などもありフィルム貼り付けに失敗しません。

本当に素晴らしい😄

ポイント
  • 太陽や電気の光が反射しずらい
  • 指の皮脂汚れなどが目立ちにくい
  • 初心者でも張りやすい「ガイド枠付き」
  • サラサラ指滑り、傷付き防止

 

PCフィルター専門工房 ペーパーライクフィルム

“Amazon出典引用”

フィルムを色々検討された方はご存じではないでしょうか?

ペーパーライクフィルムといえば、「PCフィルター専門工房」です

フィルムを貼らない状態でもApple Pencilの描き心地はなかなかですが、本フィルムを貼ると正に紙に書いている質感と同じになります。

恐らく、一度試されると驚かれると思います。正に紙のノートです😄

ポイント
  • iPadの画面を正に紙に変化させる
  • iPadをイラスト作成やノートメインにされる方におすすめ
  • ざらざらとした質感なのでApple Pencilなどのペン先も摩耗が激しい

ペーパーライクフィルムに全てにいえる事ですが、紙の質感を出す(フィルムにひっかかりがある)のでペン先が摩耗します。

ちょっとコストはかかりますが、「Apple Pencilペン先」は購入する事ができます。

 

 

Xingmeng 光沢ガラスフィルム

“Amazon出典引用”

なんといっても特徴としてはお値段でしょうか?1000円を切る光沢ガラスフィルムです。

お値段が安くてもしっかりとした品質で、高透過率で強靭9H(カッターでも傷がつかない硬さ)です。

ポイント
  • 1000円を切る価格設定
  • 高透過率、強靭9H
  • 光沢ガラスフィルムなので発色も鮮やか

フィルムに特にこだわりはないので低コストで導入し、iPadを保護したいという方にはおすすめです。

 

YMYWorld 着脱式ペーパーライクフィルム

“Amazon出典引用”

これを作った人は天才ですよね。

ペーパーライクフィルムは本当にiPadがノートになるのですが、iPadの発色が落ちるのでフィルムを剥がしてしまいました。

この「着脱式フィルム」であればノートをガチで作成する際にフィルムをつけて、映画鑑賞をする際などには取り外すだけです。

ペーパーライクフィルムの弱点を解決した素晴らしいアイテムです。

ポイント
  • なんといっても着脱式で状況(書くor 見る)に応じ取り外し可能
  • 取り外し可能でもしっかりとした描き心地

 

YMYWorld 着脱式のぞき見防止フィルム

“Amazon出典引用”

これはちょっとフィルムというと特殊ですが、カフェや図書館、電車内でiPadを多く利用される方におすすめできるアイテムです。

これも着脱式なのでカフェや電車内で利用の際には「のぞき見防止フィルム」を取り付け、自宅利用時は取り外しするなど素晴らしい利用ができます。

フィルム正面を中心に約60度より外の角度からは画面が黒く見えます。電車や図書館でののぞき見を防止できます。

ポイント
  • 電車やカフェなどの利用に最適です
  • 取り外し可能なので、状況により使い分けできます

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はiPadを保護するおすすめフィルムを紹介いたしました。

ただ保護するだけでなく「光沢フィルム」「非光沢フィルム」「ペーパーライクフィルム」「着脱式」フィルムと種類によってメリットやデメリットがあります。

私はiPadでの動画視聴や写真を見る事が多いので、画質優先で光沢フィルムを利用してます。

ただ、状況に応じ着脱できるフィルムとあわせるのもかなりおすすめできます。

注意

iPad第9世代、iPad mini6、iPad ProやiPad Air4と各種iPadありますが、フィルム購入検討時にはご利用のiPadサイズにあったフィルムをご検討ください。

 

iPad関連のおすすめ記事なります😄

iPadを活用するおすすめアクセサリ
【2021年】最新版iPad Air4必須の周辺機器およびアクセサリ 【2021年】最新版iPad mini6必須の周辺機器およびアクセサリ 【2021年】iPad第9世代(第8世代)おすすめアクセサリ【iPad周辺機器】

 

iPadPC化するアクセサリ
【ロジクールCombo Touch レビュー】Magic Keyboardと比較しても大満足 iPadおすすめキーボード

【2021年 最新版】iPad第9世代おすすめキーボード15選比較

【2021年最新版】iPad Air4おすすめキーボード17選比較

【2021年 最新版】iPad mini6おすすめキーボード12選

【2021年】iPad おすすめ Bluetoothマウス8選

 

LightningハブやUSB-Cハブ導入でiPadでできることがさらに広がります。
【2021年】iPad Air4やiPad Pro、iPad第9世代おすすめUSBハブ厳選17選 【2021年 最新版】iPad mini6おすすめUSB-Cハブ16選 【2021年 最新版】iPad第9世代おすすめLightningハブ5選

 

iPadにおすすめな充電器やイヤホンなど😄
【2021年 最新版】iPadおすすめUSB-C充電器 おすすめケーブルも紹介 【2021年】iPhoneやiPadでの勉強にも使えるおすすめワイヤレスイヤホン9選

 

最後までご確認いただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です